保護者の方へ
大学生・短大生の方へ

トップページ学校案内学校長メッセージ・学校の基本方針

学校の基本方針

学校の目的

  •  本校は,地域のニーズに即した質の高い専門家を養成する専門教育機関として,文部科学省及び厚生労働省並びに長野県より,幼稚園教諭,保育士としての指定認可を受けております。
  •  本校では,人間形成の基礎を培う乳幼児の保育・教育の重要性を踏まえ,次世代を担う子供たちの健やかな成長・発達を支え,多様化する保育ニーズに柔軟に対応できる専門性を身に着けた保育者を養成することを目的としています。

教育の目標

  • 1 「共に生きる社会」を推進する原動力となりうる意欲のある感性豊かな人格の形成
  • 2 プロフェッショナルとしてふさわしい能力(知恵・技能)をもつ専門家の養成
  • 3 人間としての尊厳や社会のルール・マナーを大切にする職業人の養成

指導の方針

  • 1 現場で即戦力となる人材の育成
  • 2 一人ひとりの学生に合わせたきめ細やかな指導


学校長メッセージ

 

― おかげさまで創立50周年を迎えます ―

 平成30年度,おかげさまで「文化学園長野保育専門学校」は創立50周年を迎えます。前身「長野保育専門学校」が昭和43年に開校されて以来,保育のプロフェッショナルを養成する専門学校として地域に根差した教育を続けてまいりました。脈々と築かれた50年の歴史と伝統を大切にしつつ,これからの社会が求める保育者・幼児教育者像を常に見据えながら,保育士資格・幼稚園教諭免許取得のための養成教育に今後とも邁進してまいります。

 フランスの思想家ルソーは,この世に生をうけたことを「第一の誕生」といい,自分自身をしっかり見つめ,親への依存から脱却し,自立を目指す年頃を「第二の誕生」とよんでいます。本校の教育はまさしく「第二の誕生」を促す教育であり,保育者・幼児教育者として,実社会で活躍するための学習こそが本校教育の使命であります。「第二の誕生」を促す本校の教育は,人間教育を中心に,保育者・幼児教育者として実社会で生き抜くための専門的知識・能力・技術を培う教育を徹底し,あらゆる学習場面において実践してまいります。

 

 また,「地学地就 ‐地元で学び,地元で就職‐」も本校の伝統であり,生まれ育った故郷で,保育者・幼児教育者として活躍したい,という同じ目標をもった意欲ある学生が集まり,活気ある学校生活が営まれております。保育士・幼稚園教諭を天職として社会貢献できる学生をこれからも育て続けてまいります。


学校長 鳥海 和美




このページのトップへ